Home > Tags >

新宿ハイスクール飲み

 応用情報技術者試験を受けた前日に、高校時代の部活友達4人と新宿で飲んで、盛り上がりまくった。一年間、放課後に毎日会っていた仲間たち。遅い日は、0時まで学校に残って(終電まで!)一緒に頑張ってた仲間たち。高校は福岡、5年後に再開したのは新宿で、みんな久しぶりなはずなのに、全然久しぶりな感じがせんくって、こいつら一生友達でいてーなぁって思った。トルコ人の彼氏がいる人、リーマンのバカとつぶやきながら、自動車関係の仕事をしてる人、学費を自分で稼ぎながら学校に行ってる人、内定もらいながら単位が足りるか微妙で毎日授業に通ってる人。そして、俺。

 会社でばりばり仕事をこなすことは大事だけれど、必要以上に会社に入り込みすぎる必要はないな、と感じた。そして。趣味なり仕事以外の太い軸を持っていたいな、と感じた。結局、そこが人間の魅力なんだなと再認識。
 
 ゴルフをやっている話をしたら、結構みんな興味持ってくれた。熱く語れる話は、人を惹きつける力があるのだね。

 「幸せなのが一番だ」という話になった。「そうだそうだ」と呼応した。

 年齢的なせいか、恋愛と結婚の話が8割くらいだったかな。残りが仕事と趣味と、他のメンバーがどうしているか、東京の街について。1次会終了後、「この飲み会を本当に楽しみにしてた」「寂しい」「またやりたい」っていう話をしたら、「また来月もやろう」となった。2次会も盛り上がった。1次会から2次会の場所に移動する途中、変なおばちゃんにちんちん触られて、「あ、ちんちーんかたーい♪へんたーい♪」とか言われた新宿。絶対にたっていなかったが、最高の仲間と過ごす新宿歌舞伎町の夜は間違いなく最高に楽しかった。早く11月の飲み会がやってこんかなぁ♪

p.s. 飲みすぎて帰りの電車で乗り過ごした。タクシーで帰ったよ。次の日試験だけど、二日酔いになるぐらいによう飲んだ。心許しあえる仲間と飲む酒はマジでうまいし、めちゃんこ楽しいな♪

【パンブック】 自分基準で生きる 『脳を活かす生活術』

 「プロフェッショナル 仕事の流儀」の司会でおなじみ、脳科学者・茂木健一郎氏の「脳を活かす」シリーズ第三弾。第一弾「勉強法」、第二弾「仕事術」は読まず、第三弾の「生活術」から読んだ。

脳を活かす生活術
脳を活かす生活術
posted with amazlet at 09.05.05
茂木 健一郎
PHP研究所
売り上げランキング: 623

 話は、エッセイのように進む。が、話の軸はぶれない。軸とは何か?それは、「自分を貫く」ということ。

・ 人生には正解なんてない。
・ 自分なりの答えを見つける。
・ 「これは違う」「ここにあった!」…自分が惹かれるものを見つける(脳が喜ぶ)。
・ 自分基準で生き抜く。
・ 自分の時価総額を上げる。
・ 毎日の習慣とは、自分の未来に等しい。
・ なりたい自分を習慣化!


 人生は、自分の手で切り拓く。答えなんかない。自分の気持ちに素直になって良い。これが分かれば、日々の行動で自信を持って行動できるようになるな。
 オレは、One of them になるのが好きではないし、周りの人からの期待値を超え続けたい。良い意味で裏をかき、裏切り続けたいと考えている。自分ともっと向き合って、ダメなとこも分かった上で、自分らしく即行動すべし、だ。
 その他興味深かったのが、「笑い」について。「笑い」はもともと、「仲間に危険回避を知らせ、仲間を安心させる術として生まれたもの」らしい。「笑い」を日常生活における逆境をプラスの方向へ変換する術として追求すべきと説いている。
 ダメな自分を「笑い」にできるようになるまで客観的に見つつ、自分基準の行動ができれば、本当に怖いことなんてなくなるんじゃないかと、ワクワクさせてもらった。
 自分基準を持ちたい、笑いを重要だと感じているあなたにぜひ!

自分コンセプトを持とう!

 なにかモノを創るとき、その多くはコンセプトを決めることから始まる。コンセプトとは、「全体を貫く基本概念」である。

 例えば、ユニクロのコンセプトは「オシャレかつ高品質な商品を安価に提供する」だったはず。

 企業や製品に対してコンセプトが存在するなら、人間1人1人にコンセプト、生き方の軸があっても良いはずだ。そんなことを思い立ったので、自分コンセプトについて考えてみる。

 中学校時代から、オレはいつも「過去の自分に負けてはならない」と考えていた。いずれこのブログでも触れたいが、小学校時代を天国とするなら、中学校時代は暗黒時代だった。その中で、自分自身を昨日よりもよりよくしたいという気持ちで、自然と「過去の自分には負けたくない」と思うようになっていった。当時は自分コンセプトとは思っていなかったけれど、今でも忘れていないし、オレの生き方の軸、コンセプトのような気がしている。

 ただ最近、「過去の自分に負けてはならない」に、しっくりきていない。うまく表現できないが、このコンセプトだと自分は成長できても、幸せになれない気がする。
 そうそう、高校時代は、「ダメな自分を愛せはしない。強く生まれ変われ」が自分の中の軸、自分コンセプトだった。CHARCOAL FILTERの名曲、Brand-new Myself ~僕にできることの歌詞の中から頂戴したものである。


 これまでの自分コンセプトだと考えられる、「過去の自分に負けてはならない」「ダメな自分を愛せはしない。強く生まれ変われ」から見てもわかるように、どうやらオレは変わりたいらしい。それこそ、新しい自分コンセプトを「かえる」とかにしてもいいかもしれない。笑
 ちなみに、座右の銘は2つあって、「人生万事塞翁が馬」と「明日死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさい」である。これらはある意味自分コンセプトだが、他人の言葉ではなく、自分の言葉で紡ぎだすのが、真の自分コンセプトだと思う。

 自分コンセプトを持って、軸のぶれないイケてる野郎になりたいぜ!

Home > Tags >

Calendar
« 2020 年 2月 »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Twitter
InBook.jp
 

携帯百景
携帯百景 - konpan
影響を受けた本


Return to page top