Home > Tags > 設計図

設計図

本田圭佑という男

 僕は将来ブラジルやヨーロッパの国を破ってワールドカップで優勝する。そのためにプロになって早くヨーロッパで活躍し、日本代表のために働くんだ


 これが小学校の卒業文集に書いた本田圭佑の夢らしい。

 ワールドカップで優勝するためには何を成すべきか。それはヨーロッパで大活躍すること。その前にはJリーグのクラブに入らないといけない。ならば高校選手権に出てクラブから実力を認めてもらう必要がある――本田圭佑のサッカー人生の設計図は、そんな逆算から成り立っている。

 本田圭佑にも挫折があった。ガンバのジュニアユースからユースに上がれず、オランダ時代のVVVフェンロは2部に降格。北京五輪は3戦全敗。

 そんな中で何度もサッカーの設計図の書き直しに必要に迫られた。本田圭佑はこう語る。

『ワールドカップの優勝、絶対できる』と言い聞かせながら、目標をもう一度逆算していく。そんなすごいシンプルな形で僕は戦ってきた。

僕は人が好きなんです。サポーターが「本田!本田!」「来週も頼むぞ!」と言ってくれる姿を見ると、すごい気持ちがよくなってきます。僕は人生の幸せをサッカーから見つけたいし、みんなにも伝えたいと思います


 ワールドカップでの優勝のため、サポーターに人生の幸せを与えるため、本田は今日も事前準備をしていることだろう。
 
 夢から逆算して、設計図を描き、現実のギャップを把握し、設計図を修正し、最後は人に幸せを与えるために、事前準備をストイックに行う。それが本田圭佑という男。いちいちかっこいい男だ。

[参考文献]
『サムライ・フットボーラーの真髄 本田圭佑』(文藝春秋, Sports Graphic Number 2009 11月号)

幼きあの日、思い描いた世界

 まだ高校1年生くらいのガキの頃。20歳、ってのは立派な大人だと思っていた。かっこ良いし、なんでもこなしちゃう、というイメージだった。

 実際20歳になった時に感じたのは、立派な大人なんかじゃない、ということ。心は何も変わってなかった。同じ心だから、本質的に変わることはないはずなのに、変わるような予感を抱く。トンネルに入る前に雨だったが、トンネルを出たら晴れてるんじゃないか、といった感覚。結局実際は、雨のまま。

 社会人に入ってもそうだ。立派な大人になれると思っていた。が、結局それは思い込みに過ぎない。

 漠然とこんな風になれるだろう、こんな風になっているだろうな、と思っている限り、一生なれやしない。霧や雲のようにつかめない空想をするよりも、確かな設計図を描き、それに沿ってやり続けることでしか、幼きあの日、思い描いた世界のオレには近づくことはできない。決して、突然立派な大人になる、なんてはならない。

Home > Tags > 設計図

Calendar
« 2020 年 9月 »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Twitter
InBook.jp
 

携帯百景
携帯百景 - konpan
影響を受けた本


Return to page top