Home > Tags > 研修

研修

試験工程の研修を受けてきた

 100802(月)~100805(木)までの4日間、会社で必修となっている試験工程に関する研修を受けてきた。会社の研修なんてあんま意味なんいじゃね・・・?っても思うこともやまやま。が、結局人の捕らえ方次第、機会を生かすも殺すも自分次第。思うことがあったので、忘れないようにするためにココに記す。

研修の目的

  • 試験(テスト)に関係した尺度の意味を理解する。
  • 試験(テスト)を行うための基本的な技法を身につける。
 試験工程に関する最低限の知識を手に入れて、仕事で生かしましょうね、ということだと理解。

研修内容

 試験の目的に触れ、試験の基礎知識、試験のプロセスについて、演習を交えながら進めていく。演習では単体試験デシジョンテーブルや結合試験項目表の作成、相手の結合試験項目表に沿って実際に試験を行い、故障処理票を起票する、といったことを行う。講義60%、演習40%といったところ。

思ったこと

 SEとして実際に職場に配属されてから1年経った。試験工程も経験済みだ。試験工程でよく思っていたのが、「バグは見つからなければ良い」ということ。バグが見つかれば、解析・修正に時間がかかる。何より面倒くさいし。そんな中受けたこの研修。
 
 『そもそも試験工程の目的って「バグを見つける」ことですからね』

 1日目の講義開始から10分後に講師が述べた。試験工程を教える講師として当たり前の、いや、SEとして至極当たり前のこの言葉にハッとなった。

 ――俺は今まで、この基本をすっかり抜けたまま試験をしていた。

 上記でも述べたように、バグを見つけたときの面倒くささといったら半端ではない。原因の特定、故障処理票起票、お客様への事象説明、再発防止策の説明、試験環境への再リリース、試験の再実施・・・と簡単に思いつくだけでもたんまりある。
 俺がバグを見つければ、もちろんこの手順を踏むが、積極的にバグを探そうと躍起になっていたかというと、そんなことはしてない。試験項目に沿って、ただ淡々と試験項目を消化して、エビデンスを確認して、どうせ大丈夫でしょ・・・という気持ちでやっていた。

 反省。

ずっと受けたかったソフトウェアエンジニアリングの授業(1)
鶴保 征城 駒谷 昇一
翔泳社
売り上げランキング: 61285
おすすめ度の平均: 3.5
3 講義で使いました。
3 初級の本
3 SEの入門書としてはいいかも
4 エンジニアリングとしてのソフトウェア工学を学べる
3 充実しています


ずっと受けたかったソフトウェアエンジニアリングの授業(2)
鶴保 征城 駒谷 昇一
翔泳社
売り上げランキング: 64224
おすすめ度の平均: 4.0
4 工学としてのソフトウェア開発を学ぶ

 今、ちょうど試験工程に関する改善をテーマにQCストーリーを作って、稼動と品質をよりよくしようとしているところ。システム開発(試験)では、お客様に要求されるレベルの品質を確実に、かつ効率的に確保することが求められている。牛丼じゃないけども、はやい、やすい、うまい、を求められている。それに貢献してやろう。うん。考えて、実行する。

理解すること・説明できること

 昨日から、研修に舞い戻った。昨日は、OSについて、今日は、TCP/IPについて1日中勉強していた。

 2日間で一番面白かったのが、プロセス管理役やメモリ管理役、入出力管理役やプロセスという役割分担を振った上で、実際にOSの動きをロールプレイングするというものである。CPUを1つの椅子で表現し、そこにプロセス管理役が指示したプロセスが座って、作業を行う。入出力に時間がかかりすぎたり、ページング・スワッピングの割り込みが頻発したりと、立ったり座ったりの連続でなかなか大変だったが、実に面白かった。

 座学じゃわからないことも、実際に動いてみると理解できるし、簡単に覚えられるもんだ、というのが実直な感想である。

 暗記するのではなく、理解する。それを後から見てもわかるようにメモ・ログ・記録を残しておく(ドキュメント化)。これこそ、オレが実践しようとしている勉強法だ。正直言って、なんの変哲もないが、実際にやるとやらないのとでは大きく違ってくるのが、こういった基本動作である。

 分かると分からないかは、説明できるか説明できないかで決まる。女の子に分かりやすく説明できる男は、やっぱりかっこいい。もちろん、男に分かりやすく説明できる男も、最高にイケてるかっこいい野郎だ。

手帳・ノート術を確立したいよね。

 昨日は、ネットが急遽つながらなくなり、再セットアップ。せっかく早く帰ってきたのにーと思いながら、NTTに電話し、イライラしてしまった。反省。前の日に、三毒追放ということで、「妬まない、愚痴らない、怒らない」を実践するはずだったのに。ただ、すぐ怒っていることに気づいて、修正できたのは良し。


 通勤電車や研修中にアイディアがいろいろと浮かぶ。それを具体化できたら、どんなに幸せだろう。ちゃんと記録しておかないとなー。現在、手帳・ノート術を確立しようともがいている。もし確立できたら、生活・仕事の質が格段に上がると思う。

 「ほぼ日手帳 2009年SPRING版」を取り寄せている最中。早く来ないかな。ロフトで買えば良かったな。土日くらいには届いて欲しい。「ほぼ日」は「ほぼにち」と読むらしい。最初、「ほぼひ」って読んでた。


 ほぼ日手帳を使っている有名人は多いみたい。公式ガイドブックによれば、平原綾香、ココリコ田中、栗山英樹、羽生善治などが使っている(公式ガイドブックはロフトで購入した)。

 ほぼ日手帳クラブにもほぼ日手帳ユーザの有名人が掲載されている。

ほぼ日手帳クラブ
http://www.1101.com/techo_club/

ネット開通!ブログ再開!

 千葉に引っ越して16日目。ついに、ネットが開通いたしました。これで生活水準が5倍は上がった気がいたします。携帯から長文を打つのは好きではないので、これまでブログを放置しておりました。携帯からは、Twitterぐらいがちょうどいい。満員電車に揺られてても、Twitterならなんとか書き込めます。

 最近やっていることは、ひたすら研修です。kouのブログの言葉を借りれば、「スポンジみたいに新しい事を吸収する」濃い日々を送っております。研修では、ビジネススキルの基礎を学んでおりまして、座学はほとんどありません。グループワークやケーススタディが大半で、80%くらいは占めています。自分で積極的に考えることが必要不可欠なものばかりです。

 インプットばかりして、まだ全然整理できていないので、今日から、できる限り毎日、気づいたことを書き込んでいきます。自分流思考します!

 p.s. kouのブログやugさんのブログから、刺激いただきました!遠くてもつながってる!!!!!あれ?きもい?笑 

内定企業先の企業説明会に潜入

 昼、内定企業先の企業説明会がうちの大学であった。密かに潜入した。先輩1人と友達2人がいた。

 説明会を聞いていると、改めて入社後の意欲が湧いてきた。内定企業先の情報と就活時の気持ちを再確認できた。これはでかい。

 説明会参加後、友達2人と会話。来週末に晩飯を食べる約束。いつも刺激を受ける2人なので、これもでかい。人事の人とも5分ほど談笑。4月からの研修に備えてやっておくべきことについて聞いた。どうやら、研修の最初に情報技術者試験のようなものを受けるらしい。これは貴重な情報。初級シスアドと基本情報技術者の資格を持っているので、そのときに作ったノートなどを見返しておこう。

 友達の友達が内定企業先が第一希望らしく、連絡先を交換した。人事の人もどんどん会社をアピールしてってことだったので、持っている情報はどんどん流していこうと思う。動けば動くほど良いことがあるな!

【追記】
 これが100エントリー目!当面の目標の1000エントリーまで残り900エントリーだ!

Home > Tags > 研修

Calendar
« 2020 年 8月 »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Twitter
InBook.jp
 

携帯百景
携帯百景 - konpan
影響を受けた本


Return to page top