Home > Tags > 映画

映画

愛する人に何を残すのか──。『THE LAST MESSAGE 海猿』

 先月の終わり、『THE LAST MESSAGE 海猿』を観てきましたよ。主演は、今回も伊藤英明、加藤あい、佐藤隆太といったおなじみのメンバ。

プロジェクト THE LAST MESSAGE 海猿 (ぴあMOOK)
ぴあ (2010-09-02)
売り上げランキング: 180
おすすめ度の平均: 5.0
5 海猿への想い

 愛する人に何を残すのか、が今回のキャッチコピー。伊藤英明演じる仙崎。潜水救命士という過酷な現場に身を投じ、真摯にかんなを愛し、「生き様」が最高に素敵な男の中の男。人に何か残す、っていう生き方を常にしてる。それはきっと、意図的ではないのだが、必然と人に大きな影響を与えている。かっこいい。

 にしても、伊藤英明がめっちゃ良い身体だった。憧れる。相当なトレーニングをしたと思われ。三浦翔平も「筋肉で体重が5キロ増えた」らしい。いちいち、プロの仕事。かっこいい。

君は何のために仕事をしてるんだい? 『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』

 なんとなく映画が観たくなって、なんとなく『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』を観た。

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント (2010-04-23)
売り上げランキング: 13417
おすすめ度の平均: 4.0
4 泣きました 
2 映画の筋書きとしては不完全に思えてしまう
5 面白かった とても良いです
4 品川うぜぇw
5 いかに自分があまちゃんなのか思い知らされました。

感想(※※微妙にネタバレあり※※)

 背景に、「なんのために働くのか?」ということがあった。主人公のマ男が尊敬してやまない、ブラック会社に勤めるにはふさわしくないデキる男・藤田さんのセリフが静かに強烈だった。

 「ある人に言われたんだ。ちゃんと自分の歩む道を見つけて欲しいってね」
 「君は何のために働いてるんだ?どうして、ここまで頑張ってこられたんだ」
 「辞める前にもう一度がんばってみなよ」
 「君は、自分が思ってるより、ずっと強い人間だと、僕は思う」

 それに対するマ男の答えは、「変わりたかったんだよ!まともになりたかったんだよ!」

 マ男はNEETだったため、変わりたかった。自分を変えたかった。

 オレも東京に出てきた理由は、いちいち上を目指してるのは「見返したい」やつがいるからだ、ということを改めて思い出した。より困難なところで、より成長できそうなところで、という観点で今の仕事を選んだ。変化し続けているが、少なくとも、もっともっともっとできる、変われる。まだ今の職場でやりきることはたくさんあるなーと思いつつ仕事をしてる。こんな夢があるから、こういう経験をして、こういうキャリアで、といった流れで決めるのは綺麗だし、わかりやすいけれど、今のオレには全力で今の職場で仕事をして、その中で自然と次を目指すようになっていくと思っている。一言で言えば、「ボトムアップ式で一つ一つ積み上げていく方式」。最終的にありたい姿は、「個を確立し、世界で戦えるプロフェッショナルな分野を持ち、自信と仲間との一体感があり、シンプルかつストレスレスな生活」をしているというもの。

 常に変わり、常に進化するっす!!!

あらすじ

 ニート生活を送ってきた26歳のマ男(小池徹平)は母親を亡くし、一念発起して就職活動をする。不況のご時世の中、必死で就職活動をするものの中卒・キャリア無しのマ男は、試験に落ち続ける。最後に合格したのは、とんでもないブラック会社だった。彼は初出社当日から当然のようにサービス残業をさせられ、その状態が毎日続いていく。―もう限界かもしれない。

最後に

 マ男、芯があるなっと。どんなに無茶振りされても、仕事はきっちり終わらせるし、能力高い。中卒でも能力があれば関係ないし、上っ面だけでの判断をしがちだけど、関係ねぇ。

結婚しよう!空を見よう! 『LIMIT OF LOVE 海猿』

LIMIT OF LOVE 海猿 プレミアム・エディション [DVD]

 LIMIT OF LOVE 海猿を観た。絶望と希望が波のように押し寄せる映画だった。潜水士仙崎大輔の絶対人を助けるんだ!というあきらめない気持ちが生み出す男の友情、愛。婚約者、上司、部下、仲間…すべての人が仙崎大輔を信頼し、愛している。人と人のつながりは素敵だ!!
以下、Chapter Listを挙げる。

序章
メインタイトル
ビアガーデン
ホテルロビー
鹿児島航空基地
海難事故発生
下川専門官到着
大規模海難認定
また逢えるよね
沈没へのカウントダウン
爆発炎上
現在地不明
68-4Tを探せ!
仙崎潜るんだ
30M潜水
撤収命令
取り残された4人
真実
LIMIT OF LOVE
帰ってきた男
離れゆく手
生存確認
プロポーズ
希望
仙崎上がってこい!
沈没
海猿
約束
生還
エンディング

 かなり大好きな映画になった。後半うるうるして観ていた。Chapter Listのタイトルがかっこいい。短くて、クール。観た直後だからだろうか。切れ味抜群で、的確。記憶のアンカーになる。

絶対、あきらめない 『海猿』

 彼女に勧められて観た。海猿。海上保安庁の潜水士たちの物語。2004年公開の映画。

海猿 スタンダード・エディション [DVD]
ポニーキャニオン (2005-02-16)
売り上げランキング: 4506
おすすめ度の平均: 4.0
4 固唾を飲みながら見てしまった
4 極限状態での選択
5 生きることの素晴らしさを教えてくれました
4 海上人命救助の熱き男達ににスポットを当てた、青春映画の良作
5 愛、友情

 初めは、女にモテるため、名誉のためなどの理由で、人命救助の最前線に立つ潜水士を目指す訓練生たちだったが…。
 
 この映画を観て、「あきらめないこと」、「一本筋を通すこと」の美しさと辛さを感じられた。良かった。
 
 今日の筋トレにも熱が入った。海の映画やし、海猿(訓練生)たちがやんちゃで裸のシーンが多い。トレーニングのシーンも多い。そんなのを観ていると、がんがんやりたくなった。
 動機はどうであれ、訓練をやり続け、試練を乗り越えることで辿りつく先は、本当にかっこよくなった自分なのかな、と思う。かっこよくなった男は、「あきらめないこと」、「一本筋を通すこと」を覚え、実践する。
 
 LIMIT OF LOVEも観ようと思う。明日、TSUTAYAのDVDレンタルが半額だから借りなきゃ。

NHK プロフェッショナル仕事の流儀 宮崎駿のすべて ~「ポニョ」密着300日~080805放送

 研究室の机の片付けをしていたら、プロフェッショナル仕事の流儀 宮崎駿のすべて ~「ポニョ」密着300日~を観たときのメモが出てきた。そういえば、研究室でワンセグを使って観たんだった。アナログのメモのままにしておくのはもったいないので、デジタルデータとしてブログにメモすることにする。2008年8月5日の放送です。

  • 作り始めてから、後でどんどん進化していく
     → 身の回りに映画のネタは落ちていて、それを元にイメージをどんどん膨らませていくとのこと。
  • 劣等感のかたまりのような少年だった
     → その時に蓄えられたエネルギーが今放出されているのだろうなと感じた。
  • 母が寝たきり。自分(宮崎駿)は漫画ばかり読んでいた
     → 次第に自分も描くようになったそう。周りの環境は影響するよねぇ。
  • 東映入社。才能がずば抜けていた 
     → 自分の居場所を見つける。没頭。
  • 人を楽しませたい
     → 人を楽しませることができなければ、存在する意味がないとのこと。
  • 存在無用のものになりたくない
     → 人を楽しませたいと相通ずるものあり。オレも強く思う。
  • 思わぬところで思わぬ人と出会う
     → 確かに。どんどん動こう。積極的に動いていたほうが情報が集まるし・・・!
  • (自分の)奥のものを出すと社会生活上、問題が
     → 作品を作っていると、奥のものが顔を出すそうだ。


 作品作りにもがき苦しんでいる姿が印象的だった。自分の人生を映画に刻み込んでいた。負の部分を昇華して、子供たちにメッセージとして提示しているような印象を受けた。今、心の中にわだかまりがあるとすれば、これをエネルギーに変え、なにかを生み出す、生産すれば良いのだ・・・!心からわだかまりにありがとうと思えるその日まで。

【関連サイト】
スペシャル (2008年8月5日放送) | NHK プロフェッショナル 仕事の流儀

芸術に心奪われる理想の休日

 卒論を昨日提出し終えたので、今日は一日お休み。のんびり遊んだ。

 朝はのんびり過ごした。11時45分、昼ごはんにCafe SWITCHへ。今日のサンドウィッチがオススメ。カレーもうまかった。雰囲気良。コーヒーの匂ひがたまらん。今回飲んでないから、次は飲もう。

 12時半、続いて、長崎書店の画廊で山下和(なごみ)さんの「ローベルト・シュトルツ物語」原画展 in 熊本に行った。Cafe SWITCHでたまたま見つけたこのイベント。Cafe SWITCHに近かったので行ってみた。あんな細かくて曲線を使う絵を始めて見た。色使いも好きだったので、「ローベルト・シュトルツ物語」(絵本)とポストカード3枚を買った。ローベルト・シュトルツ、音楽家らしい。5回の結婚…真実の愛。とりあえず今、読んでいる。山下和さん本人が長崎書店の画廊にいらっしゃって、買った本にサインをもらった。

 14時、本日のメインイベント、「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」を観に行った。体は80歳で、心は0歳で生まれる・・・。2時間40分あったけど、楽しめました。詳しくは、新しいエントリーでブログにUPする予定。
 
 17時半、「荒木経惟 熊本ララバイ」@熊本市現代美術館へ。一番観たかったのが、赤ちゃんと母親を撮影した「母子像」シリーズ。一糸纏わぬヌード、母と子の信頼関係、生々しかった。パワーであふれていた。「生と性が生きる根源」なのだね。食事、男と女、子ども。素直に真っ直ぐ生きる力。生と性。俺も人になにか力をあげられるような、そっと背中を押してくれるような作品を、なんでもいいから残したいなと思った。アラーキーの写真パワーさすが!愛する妻の死からの復活、飛躍。何万点も写真があって、そのどれもが日常を生々しく切り取っていた。

 天気が良く、あたたかくて気持ちいい一日やったな。休日がいつもこんな天気で、おいしい食事とコーヒーがあって、本を読み、映画を観て、感動を吸収していける、そんな人生を過ごせたら、どんなに幸せだろう。今日は理想的で、素敵な一日を過ごせた。晩御飯はラーメン。龍の家のこく味かた麺+プリンで締めた。もらったチョコもおいしい。

 明日はバイト。プレゼンは月曜日から作成する予定。間に合うかなぁ?8枚~10枚ぐらいに収める予定。まぁ目的のためなら手段は選ばないがね。

【追記】
 一昨日、昨日とアクセスカウンタが不安定。忍者ツールにしようかな。

復讐のその先にあるものは? 『007 慰めの報酬』

 「007 慰めの報酬」を観た。こーさんと。前作、「007 カジノ・ロワイヤル」の1時間後という設定らしい。なので、前作を観ておいた方が深く感じとれるし、楽しめると思う。
 相変わらず、ダニエル・クレイグはクールでかっこいい。前作で愛した女ヴェスパーを殺された怒りで、自分を見失うという人間らしさが描かれていた。ここが主演がダニエル・クレイグになってからの最大のポイントなのかな。
 
 復讐ってなんだろう?復讐のことが頭にちらつけば、いつも気持ちが悪い。「こんちくしょー」と、力が伸びるのかもしれないが。
 俺自身、復讐じゃないが、見返したい人がいる。見返したいとよく思う。最近はだいぶそう思う回数が少なくなったけれど、あの強い気持ちが今の俺につながっている。「こんちくしょー」パワーだ。今、とても感謝している。しかし、どこで見返しが成功かなんて多分わからない。見返したつもりでも見ていないとかだったら、辛いな。あと、もし復讐や見返しが成功したところで、結局、「で、何だったんだ?」となる気がする。  
 許すことが難しいことがある。だが、許さないと気持ち悪さから一生解放されないのかもしれない。時間の力と自分の力でいつか許せる日がくると思う。とにかく、まだまだ前を向いて歩いていくしかない。転んでいる暇はないのだ。

 ヴェスパーとの思い出のカクテル(ヴェスパー・マティーニ)にひたるボンド。哀愁。素敵。

人生に一度だけ、誰にでも運命の休暇がある 『The Holiday』

 「The Holiday」を観た。こーさんに借りたもの。失恋したL.A.とイギリスの2人の女性が2週間、家を交換して強く生まれ変わっていく物語。
 人生では、短い時間で急成長したり、長い時間をかけても成長するどころか、逆に衰退することすらある。悪い流れの時に、環境を思い切って変えてみる、断ち切ってみると、急激に強くなるのかも。男も女もガッツだぜ!
 この映画の中でも名画を観ることの素晴らしさが描かれているのだが、本当に映画って素晴らしい。観ないよりは観たほうが絶対にいい。うん、映画って素晴らしい。

 昨日、「L change the WorLd」も観たので、今年観た映画は合計3本となった。目標は1年間で30本。いいペースかと思われる。

しょうが焼き丼、どーーん!
しょうが焼き丼、ドーーン!

Home > Tags > 映画

Calendar
« 2020 年 6月 »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Twitter
InBook.jp
 

携帯百景
携帯百景 - konpan
影響を受けた本


Return to page top