Home > Tags > 情報処理技術者試験

情報処理技術者試験

2010春、応用情報技術者試験を受けてきた

 平成22(2010)年度 春期情報処理技術者試験を受けてきた。今回の受験会場は、千葉市稲毛区の千葉経済大学である。

 前日(というか当日)、徹夜してしまい、ふらっと立ち寄ったネカフェで30分だけ寝て試験に臨む強攻策を取った。徹夜したのは、やっておくべき仕事が夜間あったため。決して勉強のためではない。

 試験に向けてやったことといえば、3月の中旬に富士通ラーニングメディアの研修に3日間行ったことくらい。あとは特に参考書も読まずに受けた。

 個人的な感想としては、
  ① 実に眠かった。
  ② 平成21(2009)年度秋期よりも難しかった。
  ③ ストラテジ系は、会社暮らしを1年間やったおかげか、すんなり問題に取り組めた。

平成22年度春期試験 合格発表スケジュール

http://www.jitec.ipa.go.jp/1_00topic/topic_20100418_schedule.html

 → 合格発表は、6/25(金)正午予定とのこと。

平成22年度春期試験 問題冊子・解答例・採点講評・配点割合(PDF形式)

http://www.jitec.ipa.go.jp/1_04hanni_sukiru/mondai_kaitou_2010h22.html

 → 午前問題を自己採点した結果、80問中52問合ってそう。ぎりぎりだが、午前は突破したと思われる。
 → 午後問題の解答例については、6/11(金)正午公開予定のようだ。だいぶ先だなぁ。自信半分、不安半分。
 → 落ちてたら落ちてたでしょうがない。
 → もし合格だったら、次は高度試験(レベル4)の攻略だ!

そもそも応用情報技術者試験って?

 応用情報技術者試験(AP:Applied Information Technology Engineer Examination)の対象者像、業務と役割、期待する技術水準は以下の通り。(試験要綱v1.2より抜粋

対象者像

 高度 IT 人材となるために必要な応用的知識・技能をもち,高度IT 人材としての方向性を確立した者

業務と役割

 基本戦略立案又はIT ソリューション・製品・サービスを実現する業務に従事し,独力で次のいずれかの役割を果たす。
  1.需要者(企業経営,社会システム)が直面する課題に対して,情報技術を活用した戦略を立案する。
  2.システムの設計・開発を行い,又は汎用製品の最適組合せ(インテグレーション)によって,信頼性・生産性の高いシステムを構築する。また,その安定的な運用サービスを実現する。

期待する技術水準

  1.情報技術を活用した戦略立案に関し,担当業務に応じて次の知識・技能が要求される。
    ① 経営戦略・情報戦略の策定に際して,経営者の方針を理解し,経営を取り巻く外部環境を正確に捉え,動向や事例を収集できる。
    ② 経営戦略・情報戦略の評価に際して,定められたモニタリング指標に基づき,差異分析などを行える。
    ③ 提案活動に際して,提案討議に参加し,提案書の一部を作成できる。
  2.システムの設計・開発・運用に関し,担当業務に応じて次の知識・技能が要求される。
    ① アーキテクチャの設計において,システムに対する要求を整理し適用できる技術の調査が行える。
    ② 運用管理チーム,オペレーションチーム,サービスデスクチームなどのメンバとして,担当分野におけるサービス提供と安定稼働の確保が行える。
    ③ プロジェクトメンバとして,プロジェクトマネージャ(リーダ)の下でスコープ,予算,工程,品質などの管理ができる。
    ④ 情報システム,ネットワーク,データベース,組込みシステムなどの設計・開発・運用・保守において,上位者の方針を理解し,自ら技術的問題を解決できる。

  → SEの通常業務といった感じがする。

過去の私の資格取得状況


2003.11 FCC(連邦通信委員会)ジェネラル級(アマチュア無線技士2級相当)
2005.07 第一種普通運転免許証取得
2006.05 初級システムアドミニストレータ資格取得
2006.11 基本情報技術者資格取得
2007.11 Microsoft Office Specialist Excel 2003 Expert 資格取得
      (マイクロソフトスペシャリストエクセル2003エキスパート資格取得)
2009.12 MCPCモバイルシステム技術検定試験2級 合格
2010.06 応用情報技術者資格取得・・・か?

 → 今回受かってると、上記でも述べたように、次は高度試験(レベル4)の攻略を開始できる。

情報処理技術者試験体系図
情報処理技術者試験体系図

 → 情報処理技術者試験以外の資格取得として、直近では、Oracle MasterのBronzeを狙っている。
 → 戦いは続く。

2009秋、応用情報技術者試験を受けてきた

 応用情報技術者試験を受けてきた。場所は、習志野の千葉工業大学芝園キャンパス。1年生、2年生が使うキャンパスらしい。レンガ風ブロックの舗装と広々とした空間が素敵なキャンパスだ。

 起きたのが8時20分で、若干遅刻するかしないかぐらいだったので、急ピッチで準備。8時40分に家を出て、なんとか最寄り駅の新習志野駅に9時20分に到着。ただ、そのまま会場に直行はできなーい。なぜならば証明写真を撮ってなかったから☆駅構内で証明写真機を見つけ、眠たそうな中に無理やり笑顔咲かせました的な写真ができあがった。見事に寝癖つき。

 そんなこんなで会場に着いたのが、9時40分。30分遅刻までは受けることができるらしい。眠たくて途中寝そうになりながら、11時20分に午前を提出。今考えたら、一回ぐらい見直せば良かったなぁ。

 昼休みは、別会場で同じ試験を受けてたCoさんとTELって、iPhoneやらTwitterやらゴルコンの話で盛り上がる。

 いい感じにリフレッシュできて、午後は脳の回転数も上がり、13時~15時10分まで頑張った。受かったか受からないかふわふわしてる感触だった。

 家に帰って18時公開予定の答えを待ってたら、重たくて(もしかしたら、まだ公開されてなかったのか?)ファイルを開けず。18時2分まで頑張ってた記憶があるのだけど、気づいたらベッドの中でおねんねしてた。9時20分になってて、そこから自己採点。結局、午前通過ラインの6割に2問届かず。ほぼ確実に落ちた。まぁそりゃそうか。ほぼノー勉だったわりによくできたっていうだけで、これで通っても自信につながらねーし。次回は、受かるべくして受かりたい、と思う。少しずつ勉強しよう。

平成21年度秋期試験 問題冊子・配点割合・解答例・採点講評(PDF形式) – 情報処理推進機構(IPA)
http://www.jitec.ipa.go.jp/1_04hanni_sukiru/mondai_kaitou_2009h21.html

 今回の問題と午前の解答は上記から閲覧できるので、今回試験を受けた方はぜひ答え合わせをしてみて欲しい。

Home > Tags > 情報処理技術者試験

Calendar
« 2020 年 11月 »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Twitter
InBook.jp
 

携帯百景
携帯百景 - konpan
影響を受けた本


Return to page top