Home > 講演・セミナー Archive

講演・セミナー Archive

はじめてのCFD取引

 昨日、会社帰りに「はじめてのCFD取引」という無料セミナーに行ってきた。ソニーバンク証券が主催。学んだことをメモとしてごにょごにょ残しておく。

■日時

100317(水) 19:00~20:30

■場所

ベルサール八重洲
〒103-0028 東京都中央区八重洲1-3-7 八重洲ファーストフィナンシャルビル2F

■CFDとは?~特徴~

・CFDとは、Contract for Differences(差金決済取引)の略語
・レバレッジがかけられる
・1つの口座で様々なものに投資できる
   → 国内外の株式、株価指数(日経225、ナスダック総合指数など)、貴金属、エネルギーなど。

■差金決済とは?

 差金決済は、モノの受け渡しをせず、新規取引と決済取引の価格の差をもって損益が
発生する取引のことである。要は、以下のようにすれば利益を得ることになる。

 上げ相場のときは、買い→売り
 下げ相場のときは、売り→買い

■FXとの関係

 実はFX(外国為替証拠金取引)はCFDの一種らしい。
外国通貨を取引対象としたCFD取引のことを特にFXと呼んでいるのだそうだ。

■CFD取引の手数料

手数料が0(スプレッドに含まれる)のもの
・株価指数・株価指数先物CFD
・商品・商品先物CFD
・バイナリーオプション

手数料が発生するもの
・海外上場株式CFD
 
# スプレッドは、売値と買値の差。
# 売値が10,533円で、買値が10,539円だったら、スプレッドは9円

■その他、ごにょごにょ

・ソニーバンク証券での「CFD取引」は、ソニーバンク証券とは別の口座で、ソニーバンク
証券の証券取引口座と別に口座開設が必要である。
・ソニーバンク証券での「CFD取引」は、エフエックス・オンライン・ジャパンの開発した
Webシステムで実施する。
   → CFD取引口座における直接の契約関係は、エフエックス・オンライン・ジャパンと
     の間にある。
・iPhoneやケータイからモバイルCFDができる時代。
・24時間取引が可能
・でも基本的なスタンスは、自分の生活に合った時間、自分の集中できる時間で行えば良い。
・30日間、1000万円でのデモ取引が可能。
・ボラティリティ指数(恐怖指数)と呼ばれているものを監視することで、
市場におけるパニックの度合いを測っているらしい。
   → これを常時見ておくことで、投資家達がどのように市場を読むか把握できる。

■所感

 ソニーバンクの口座を持っていたので、CFD取引のセミナーの案内がやってきた。
内容を読んで面白そうと思い参加したが、実に行って良かった。「CFD取引」とはなんぞや?
という表面的な部分が入っただけでも参加した価値はある。
 今後、余剰資金で、CFD取引を始めてみようかと思う。報告するかしないかは未定。

■所感2

 無料・有料に関わらず、行きたいと思ったセミナーは行くべきだ。
日常業務での考え方に凝り固まることなく、常に大局的な見地で物事を見たいものだ、と再認識。

 「悩んだときは、宇宙をイメージすれば、大抵のことはちっぽけに思えてくる」―konpan

■所感3

 アウトプット大事!アウトプットしなきゃ、インプットをした意味なんてない。

■詳しくはWebで!

 ソニーバンク証券 http://sonybank-sec.net/cfd/

『検索はするな』―答えはあなたの頭の中にある―①

 『千円札は拾うな。』『検索は、するな。』 でおなじみ、ワイキューブ社長・安田佳生さんの講演会に行ってきた。こーさんと参加@六本木ヒルズ。

『検索は、するな。』―答えはあなたの頭の中にある― サンマーク出版’09 安田佳生さん出版記念講演会
時間:13:30~16:00 (13:30~14:45 第一部:出版記念講演,15:00~16:00 第二部:トークセッション・質問タイム)
会場:六本木アカデミーヒルズ49 「タワーホール」


検索は、するな。
検索は、するな。
posted with amazlet at 09.07.04
安田 佳生
サンマーク出版
売り上げランキング: 301

 面白かった。独特な視点というか、人が踏み込まないところを考えているのが素敵。正直、どうでもいいと思われがちな内容だし、実際どうでもよいよね、と感じてしまうこともあった。
 しかし、飽きないし、面白い。そこを考えるの!?っていう視野の広さが魅力である。人が考えないことを考えることは、魅力につながるのだなぁ。

 早速、振り返ってみようと思う。テーマが15コあった。良いなと思ったテーマに触れ、それに対する所感を述べる。最後にまとめと全体を通した所感を書く予定だ。内容量が多いので、3回に分けて書くことにする。今回は第1回。

■エロ小説と上品な下ネタ

安田佳生さんの目標・人生のビジョン=絵本とエロ小説を世に出すこと。
上品な下ネタと下品な正論はどっちが良い?


目標であって、夢とは違うのだと思う。
昨日、彼女ともこの話題で盛り上がったのだが、
「夢=目的」と考えている人と、「夢=目標」と考えている人とでは、話が噛み合わない。
基本的に多くの人の人生の目的は、「幸せになること」だと思う。
そして、幸せになるために何をするのか、が目標だと思う。
俺も本を死ぬまでに一冊は出す、というのが人生の目標である。

■答えを出すために考えない

答えらしきものを見つけてからも考え続ける人。
答えらしきものを見つけたら次に進む人、頭のスイッチが切れる人。
世の中には、考え続ける人が少ない。

分かるか、分からないかは考えないと分からないはずなのに、すぐに分かるか分からないかを答える人が多い。
(知っているか、知っていないかは、すぐに判断できる)


確かに答えを出したら、次に進みたいと思う。そこで思考をストップしてしまう。
答えの切れ味を出すためにも、物事をもっと多面的に、もっと貪欲に、もっと深く、思考する時間を増やそうと思った。
どうでもいいことも考えて、深みを出す。そのために、時間を止め、情報を遮断する。

■好き vs 嫌いじゃない

見合い結婚のほうが離婚しない。「嫌いじゃない」からスタートするから。
→ 「好き」になってもらうように動く
恋愛結婚の場合は、好きじゃなくなってしまった瞬間、別れが訪れる。
→ 嫌いになられないような戦略をとっても良いのでは?
「好き」と「嫌いじゃない」は違うカテゴリーだ。


「好きになってもらうこと」と「嫌われないこと」は混同しがちだよね、というお話。
あああ、思い当たる節があって焦るw

■ボツ案のレベルを上げる

基本的に人間はミスをするものだ、というのが一流の人の意見。(例)イチロー、羽生名人
どれぐらいのミスなのか?決定的なミスなのか?惜しい、正解にかなり近いのか?を明確にする。
そして、自分は何を考え、何をどういう理由でボツにしたのか、どういう理由で案が残ったのか。
以上を語ることで正解案のプレゼンを行うべし。


プロ野球解説者がよく言うフレーズに、「今のは良いバッティングでしたよ」がある。
たとえ、それが空振りでも二ゴロでもそう言う。
イチローもヒットを打っていても、試合後、「さっきのは全然ダメだった」ということを述べていたりする。
つまり、結果が伴わない惜しいミスのときもあれば、結果が良くても決定的なミスのときもある。

きっと、プロフェッショナルは、惜しいミスなのか決定的なミスなのかが分かるのだ。
プロ野球解説者もイチローもそれが分かっているから、上記のような言葉につながる。

失敗のポイントを考えたら、そこを踏まえた行動をする → ボツ案のレベルが上がる → 良い結果につながる。
このスパイラルがプロフェッショナルにはある。どうしたら、決定的なミスか惜しいミスかの違いが分かるのだろう?
きっと、検索しても引っかからない。

■なぜダチョウなのか?

ダチョウはすごいよ!(ダチョウのすごさを述べた後、)もっと驚いて!驚きが足らないよ!
村上春樹が好き


自分の世界に入っていたので、割愛w

■思考をPAUSEする

映画を観ていて、一時中断する。どういうストーリーだったかを覚えていないと、もう一度観ようとする時に苦労する。
どんなことを期待していて観ていたのかを覚えておく。

これとこれを考えた。次はこれを考えようとしている、といったきっかけ、ポイントを覚えておく。
時間を短縮するために。


うむむ。これも納得。
最近は、自分の記憶力を信頼しないことにしている。

今回こーさんと行ったのは、チケットを2枚買ってしまったからだ。
講演の2週間前に1枚買ってあったのに、1週間前にも新たに買ってしまったのだ。
安田さんもシャワーを浴びるときに、シャンプーをしたか、してないか、いきなり忘れてしまったと述べていた。

解決策は、メモにあると思っている。だから、手帳・ノートはいつも持ち歩く必要があると思う。
いつでも開いて、考えやアイディアを書いて、忘れるべきだと考えている。そうやって、熟成させておいてから振り返る。
シャンプーしたかどうかはさすがにメモできないがw

(続く)

株安・低金利に打ち勝つ日経活用法セミナー

 朝から市川まで入って、セミナーに参加してきた。日経新聞主催の資産運用に関するセミナーである。講師は、FP(ファイナンシャルプランナー)の阿部重利さん。

■資産運用とは?
 資産運用を投資だけと思っていませんか?違います。資産運用には、貯蓄も入るよ!貯めようとする貯蓄と、増やそうとする投資のバランスが大切です。

 上記のバランス、貯蓄と投資のバランスを考えるときの切り口には二つあります。

1 パーソナル要因
→ 親からの相続、仕事、子供がいるのか?株が生きがいでやめられない…など個人の状況や考え方は異なる。各自考えるべし。

2 マクロ要因
→ キハダ、クロ、メバチ…それはマグロだろ!というボケが入ったところでっ。。マクロ要因とは、世の中の大きな流れのこと。新聞活用・情報収集の必要性。



 パーソナル要因は各自で考え、紙に書き出してみましょう。マクロ要因は新聞などで情報収集する必要があります。

 資産運用において、“lisk”は“「危険」と訳してはいけません。「危険」は“danger”です。“lisk”は、振れ幅、振り子、標準偏差のことであります。

■投資とは?
 将来の資本・生産力の増強のために、現在の資本を投入することです。

 著名な投資家であるウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロス、ジム・クレーマーの3人が共通して言っていることがあります。それは、「行きすぎないこと」です。「市場が間違える」から、彼らは生き残れるのです。

■目的を立て、分析・仮説・予想を立てるべし。自分なりの投資方法を探すべし

 自分なりにテーマを絞って、分析・仮説・予想を立てましょう。何も予想しないで投資するのは論外です。また、投資方法も重要です。キャピタルゲインを狙うのか、配当金を狙うのか、株主優待を狙うのか考えましょう。
 -20%の減益という決算発表だったとしても、もともとの予想が-50%だったとします。この場合、ポジティブサプライズなので、株価が値上がりする可能性があります。
 客観的に、今の温度計(株価への期待感)が高いのか低いのかを見る必要があります。ゆでがえる理論のゆでがえるにならないようにしましょう。
 「これから」目線が大切です。

■資産運用を始めるにあたって準備しておくべきもの・こと

  • 日経新聞

  • 日経ヴェリタス

  • お金(余裕資金)四季報

  • 口座

  • 分析資料
  • 常に温度計を意識する(客観的に物事を見る)力


■所感
 自分なりのテーマや切り口で分析する必要があることを痛感した。今まで資産運用をしてこなかったわけではなく、貯蓄と運用の比率が、10:0だっただけだということを理解した。今後、5:5に持っていくような仕組みづくりに着手しようと思う。ETF(Exchange Traded Fund:上場投資信託)という、投資信託を株のように売買できる商品の存在を初めて知った。業界ごと、新興国ごと、オイルや貴金属に関してもETFが存在するらしく、普段なじみのない分野にも簡単に投資できそうだ。視野が広くなりそうだし、投資のチャンスも増えてきているのだなと感じた。

堀江貴文 – 逮捕前夜 1

 堀江貴文 天才工場特別講演会 逮捕前夜@浜松町ニューピアホールに参加してきた。手荷物検査もあり、撮影・録音は禁止。というわけで、堀江氏の写真を撮ることはできなかった。

 紫のTシャツに黒のパンツ(ジャージ?)、白い靴という出で立ち。ゴルフのせいか、色黒。最初の印象は、ただのメタボなおっさん(すみません)。
 堀江氏が話し始め、一気に惹きつけられた。クリアでよく通る、聞き取りやすい声だ。1つ1つの言葉を慎重に選んでいるという印象を受ける。それでもテンポと勢いがあって、終始楽しませてもらった。

 内容は、逮捕されてからの経緯や現在戦っている裁判の話などだった。これが1時間半くらい。最後の30分は、質問タイム。
 最初は、司会進行の人が事前に集められた質問の中から、堀江氏に質問→堀江氏回答という流れだった。しかし、堀江氏は時間がないとみるや、自分で質問を読み上げ、ポンポン答えていった。結局、用意されていた全ての質問に答えてくれた。機転が利く人だ。聴衆を思いやってくれた。

 終始、メモをしていた。B6ノート10ページ分ほどになった。気になる言葉がちらほら。次のエントリーにて、紹介する。
 堀江氏の著書、「徹底抗戦」を頂戴した。読み終わったら、まとめてみる予定。
天才工場主催ホリエモン講演02
 とにかく動く。足を運び、生の姿を自分で感じる。動くことで、生で感じることで、ホリエモンの印象も大きく変わった。就職活動の時によく思ったのだが、自分で動いて得た情報ほど役に立ったものはない。あーだこーだ言う前に動く。今後も動く姿勢を忘れないようにしようと思う。
【関連ニュース】
 ※1 この記事の内容が、今回の講演の内容によく似ている。
 ※2 Twitter@takapon_jp、もちろんフォロー中。
 ※3 ただのメタボなおっさん…(すみません)


メンタルヘルス講演会に参加してきた

「メンタルヘルス」ってよく聞くけど、どういう意味?って思っていた。ちょうどいい機会だった。
幅広い話。以下、個人的に大事と思ったことのメモ。

・知的、道徳的、及び応用的能力を備えた人材の育成

→ 大学の理念らしい

・学生の人間としての成長に対する支援が大学の基礎機能

→ ふむふむ。大学の豊かな環境が重要

・メンタルヘルスは予防の学問!一次予防~三次予防
・メンタルヘルスは心・精神の健康!
・メンタルヘルスは治療じゃない!

→ 予防の学問!セルフケアが重要。積極的な姿勢・自己啓発が求められる。困ったら、相談する勇気!

・SPS(Student Personnel Services):学生助育→ 学生支援
・学生のための多様な相談窓口の設置・なんでも相談窓口

→ 相談のたらいまわしなどの防止。より多くの人をサポート

・メンタルヘルスは無形資産

→ 投資すると、リスク低減とイメージの向上

メンタルの健康は、自分でも異変に気づきにくい。
ブログや日記などで自分の記録とっておくと、異変にも気づきやすくなると思う。
フィジカルもメンタルも健康が一番っ!

mental_health_mindmap

初めてマインドマップを書いてみた。メンタルヘルス講習会を聴いてのマインドマップ。完全に我流。
マインドマップの発明者であるトニーブザンの本、「ザ・マインドマップ」を読んで、勉強しよう。

Home > 講演・セミナー Archive

Calendar
« 2020 年 10月 »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Twitter
InBook.jp
 

携帯百景
携帯百景 - konpan
影響を受けた本


Return to page top