Home > 【パンブック】本・読書 Archive

【パンブック】本・読書 Archive

【パンブック】イスラム国の目的とその永続性

戦争は始まったのか?テロは日本でも起きるのか?無数のステークホルダーを佐藤優が丁寧な解説で解きほぐしてくれている一冊。

アルカイダやイスラム国は、本格的に世界を一つのイスラムにしようとしており、世界イスラム革命を始めようとしている。これは戦争だ。という見立てで、一本筋が通った論調になっている。

『既存の国際法を遵守し、国家主権、基本的な人権、市場経済といった価値観を維持している全ての国家体制に対して「イスラム国」が宣戦布告をし、本格的な「戦争」が始まったと見るべき』と論じる。

イスラム国が始める、と決めた時点で巻き込まれざるを得ないこの戦いは、新たな21世紀型の戦争なのだ、ということを肝に銘じるべきだと感じた。

新たに勉強になったのは、佐藤優氏のイスラム国の永続性に対する考え方。「生産」の思想が全くない、収奪の思想しかない、というもの。世界中を席巻したとしても、寄生虫と同じで宿主が死んだら死んでしまうのだ、と説く。

今イスラム国に「生産」という概念がないのかは把握できないが、新たにモノを作るようになれば、よりイスラム国の本気度が増した、脅威が増したと捉えて差し支えなさそうだ。

最後の2〜3ページに記載のあった、日本の教育に対する課題については、別の本の中でより詳細な考えを確認したい。合わせて対策を論じて欲しい。

【パンブック】楽しいランチは人脈を生むらしい

 ひさびさの更新。やっぱりアウトプットが大事だな、と改めて感じる1年だったので、何かしら続けてアウトプットしていきたい。

 大晦日、夜更かしして、いくつか本を読んだ。ブクログで最近レビューを書き始めたので、そことの連動テストも兼ねて、本を紹介。

最後のほうの1,2割に記載されている、アライアンス・ランチに使えほうな名店60が1番役立つ情報だった。ビジネスランチに行きたくなり、誰かを誘ってみようと思えたのが収穫。

 堅苦しい本ではなく、楽しくランチに行こうと思えるだけでも良かった。最後に記されている名店60は価格帯が普通のサラリーマンには高めであるので、気をつけられたし。でも、サラリーマンだとしても、一ヶ月に一回くらいは視野を広げる意味でもいいかも。

【パンブック】合コンでは幹事が一番お得! 『パーソナル・プラットフォーム戦略』

 今日紹介する本はこれ。『パーソナル・プラットフォーム戦略』というかっこいい名前の1冊。著者の平野敦士カール氏は、ドコモでおサイフケータイの普及に携わった元iモード企画部アライアンス推進担当部長で、現在は大前研一氏が学長のビジネス・ブレークスルー大学教授を勤める。

パーソナル・プラットフォーム戦略
平野敦士カール
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 130

合コンの幹事は大きな恩恵を受ける!

 『パーソナル・プラットフォーム戦略』というタイトルの通り、自分をプラットフォーム化する戦略について一貫して書かれている。自分をプラットフォーム化するとは、「自分自身を一企業に見立てる」こと。

 自分をいろいろな人が集まる場=プラットフォームにすることで、さまざまな企業や人と提携し、どんな時代になっても何があっても稼ぐことができると説いている。

 印象に残ったのは、P51で述べている以下の箇所。

プラットフォーム型ビジネスの成功例に共通して見られる特徴は、関わっているすべての人にメリットを提供していることです。
(中略)
それでも、もっとも大きな恩恵を受けるのは、やっぱり”胴元”

 GoogleやFacebookが良い例だ、とすぐにピンときた。現実世界で言えば、「合コンの幹事が胴元にあたる」という内容には非常に納得してしまった。楽しい場、Win-Winな場を提供できれば、集まる情報・コントロール権・フィードバックにより、ますます良い場を提供できるわけだ。

 自分も合コンの幹事をやったことがあるが、幹事として1回過ごした後の充実ぷりを思い出すだけでニヤニヤと幸せな気持ちになれるものだ(実に微笑ましい)。一参加者としての合コンだとその後の関係がなかなか続かないが、幹事としてやった合コンで知り合った子とは、今でも連絡を取り合うし、年賀状も毎年送り合っている。

 ひとえに集まる情報量の差(連絡先はみんな知ってる)、コントロール権(場所とか次のイベントとか)、そして、フィードバック(その後のメールやイベントでいろんな情報が手に入る、それを次に生かせる)によるものだろう。幹事になるだけで(幹事としてうまく立ち振る舞うだけで)、一参加者の収穫よりも大きな収穫が得られる。

自立した生き方をする人のための基本戦略

 アメリカの労働人口の4人に1人は、インターネットを使って、自宅で働き、組織に所属せず、独立していると同時に様々な企業とつながってビジネスを行っている「フリージェント」であると言われている。ソーシャルメディアの普及もあり、日本でも一人が周り(一個人や企業)を巻き込んで仕事を進める流れがやってくるはず。

 本書で説いているパーソナルプラットフォーム戦略は、会社に依存せず、自立した生き方をする人のための基本戦略としてぴったりである。会社に依存しない生き方を目指している人には、特別目新しい点があるわけではないものの、基本的な考え方が詰まっていることから、知識の再構築ができる点が良い。

 何より、次の行動を起こす気にさせてくれる一冊だ。そう、この書評を書きたくなったようにね。

【パンブック】 カッコイイ本棚を作る 『実践!多読術』――本は「組み合わせ」で読みこなせ

 成毛眞さんの最新刊『実践!多読術』がAmazonから届いたので、早速読ませていただきました。いつもごちそうさまです。今回もおいしかったです。

“格好のいい”蔵書棚を作るのが私のライフワーク

 最初にこの節タイトルを見たときにキュンキュンきた。読んでよかった!グッと惹かれた!という勝者の本に出会ったら、その本を手元に置いておきたくなる。俺の場合、森博嗣の作品群、龍馬が行く、GMO社長熊谷正寿さんの著書群、成毛眞さん本、冷静と情熱の間・・・あたりがこれに当てはまる。究極の本棚、自慢のスペース・・・厳選して手元に置くことを決めた本たちに囲まれるのは気持ちがいいのだ。
 成毛眞さんの「”格好のいい”蔵書棚を作るのが私のライフワーク」という一文と出会えただけでも、『実践!多読術』を読んでよかった。

実践! 多読術  本は「組み合わせ」で読みこなせ (角川oneテーマ21)
成毛 眞
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 2820
おすすめ度の平均: 4.0
3 自分の興味がある本しか読まなくなったら終わり
4 ノウハウは あるけど若干 異議がある
4 マイクロソフト vs Google
5 期待を裏切らない
3 ちょっと期待はずれ

 並列に多読している成毛眞さんがどんな本を読んでいるか、本や書店に関する思いも満載でした。本当にごちそうさまでした。本にどんどん出会って、カッコイイ本棚レベルを上げっぞ。うっはっは。

成毛眞さんはこんな人

■成毛眞さんのTwitter(@makoto_naruke)
http://twitter.com/makoto_naruke

■成毛眞ブログ
http://d.hatena.ne.jp/founder/

 オススメ本の紹介多し。発言もいちいち刺激的なものが多いっす。

【パンブック】 ワクワクする本 『理想の会社』

 多くの時間を割くことになる仕事、その時間を楽しめたら、どんなに幸せだろう。誰もがワクワクして、早く仕事に行きたくてたまらない、と感じる「理想の会社」を描いた本を読んだ。


毎日、社員が感動して涙を流す 理想の会社
福島正伸
きこ書房
売り上げランキング: 8387
おすすめ度の平均: 4.0
4 考えさせられる本


 そもそも仕事とは何のためにするのか?と考えたときに、「他人に認められる」ってことがあると思う。オレは、周りに早く一人前と認められて、自分の存在価値を見出したい!他人の信頼を得て、コツコツ積み上げることが、自らの幸せにつながると思うんだよね。感謝されたり、何気ない一言―例えば「ありがとう」をもらったりするだけで本当に嬉しい。

以下、本より抜粋。
  • 会社はみんなが幸せになるところ。
  • もし理想がなければ、私たちは今までと同じことを繰り返すだけ。理想を持つことで、常に現状に満足せず、よりよい商品やサービス、そしてそれらを生み出す創造的な企業風土をつくることができるようになるのです。
  • 理想を描くときに大切なことは、それができるかどうかよりも、ワクワクするかどうかだ。
    できそうにないことでも、ワクワクすることができれば、理想に向かって進んでいく勇気が沸いてくる。
  • 社員にとっての幸せとは、
    生活を維持することだけではなく、社内の全ての人々が強い信頼関係で結ばれながら、それぞれが自分の可能性を発揮して充実した人生を送ることである。
  • TS(Total Satisfaction:トータルサティスファクション)とは、顧客のみならず、社員およびその家族、地域、日本、さらには地球のすべてを満足させる活動のことを言う。TSにおいては、無駄なものは一切なく、すべてが価値につながるものと考える。

 会社は、「ワクワクできるか」で決めた。自分ができるかできないかは別問題として、そこで働いている自分がワクワクしているかどうかが一番大事な軸だった。細かく見れば、そこで働いている社員がかっこよいかどうかで決めた。だから、ここは行かないかもな、って思う会社でも説明会に行って、社員と直接対話して、ワクワクする会社を受けた。そのワクワクした気持ちを素直にしゃべったら、今の会社に受かった。

 ワクワクする本を読むと、「やってやろう!」っていう気持ちになって、いてもたってもいられなくなる。ワクワクさせてくれる文章を書いてくれた福島さんに感謝!周りの一緒に仕事をしている人に感謝!このブログを読んでくれている人に感謝!

 ワクワクしたい人は、ぜひ読んでみて欲しい!

【パンブック】 ここ一週間で読んだ本を連ねてみる

 ここ一週間でむさぼり読んだ9冊の本の記録。


インテリジェンス読書術―年3000冊読破する私の方法 (講談社プラスアルファ新書)
中島 孝志
講談社
売り上げランキング: 69558
おすすめ度の平均: 4.0
3 中身が読書術じゃなくて読書記
4 特に目新しいものは…
4 はじめて中島氏の本を読んだのですごく新鮮
4 最終章の「一冊との出会いが人生を変える」も必見
3 楽しく読める、読書論

 「本は発想の道具である」という言葉にしびれた。自分の読書のやり方にぴったりで、しっくりきた。本を読んで自分のことを考えるのが、読書の最大の魅力なのだ。

 
仕事力・マネー力・運気力がアップする すごい読書!
中島 孝志
マガジンハウス
売り上げランキング: 14485
おすすめ度の平均: 4.5
4 膨大な読書行為から導かれた縦横無尽の中島小宇宙
4 筆者独特の視点、発想、スキルが満載。愉しむだけで終わったらもったいない。
5 感動しました
5 極めて実戦的な1刷

 インテリジェンス読書術―年3000冊読破する私の方法 (講談社プラスアルファ新書)と話の流れはほぼ一緒。2冊とも合間合間の小話が秀逸。まるで、話がよく脱線する高校の先生の面白授業のよう。


クロスゲーム 16 (少年サンデーコミックス)
あだち 充
小学館 (2009-11-18)
おすすめ度の平均: 4.5
5 夏の県大会決勝
5 あだち充の描く“かっちょいい甲子園”
2 緊迫感に欠けるような…
5 なんでもかんでも俺にゆずるな
5 青秀と竜旺との決勝戦続く

 ここに漫画の載せるのは・・・と迷ったが、面白かったから載せる。夏の甲子園まであと一勝に迫った県大会決勝戦の回。言葉の描写が少ないと感じる分、こっちで想像しちゃうっていう意味で、小説チックだ。漫画なのに想像力を働かせる作品は珍しい(オレにとって)。


風味絶佳 (文春文庫)
風味絶佳 (文春文庫)
posted with amazlet at 09.12.27
山田 詠美
文藝春秋
売り上げランキング: 95981
おすすめ度の平均: 3.5
4 滋養豊富。風味絶佳。
5 舐めつくしたい
1 陳腐な男女の物語
3 エゴの魅力
2 読ませるが、狙いすぎ

 ただこれだけ。滋養豊富。風味絶佳。職人の気品は美しい。


大事なことはすべて記録しなさい
鹿田 尚樹
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 242
おすすめ度の平均: 4.5
5 この本は、実用書
5 ノート術(記録術)が、スキルになった時代で生き残るために。
5 ノート術(記録術)が、スキルになった時代で生き残るために。
5 横着、面倒くさがりのための記録術
2 類書との差別化ポイント見あたらず・・・

 軽く読めた。説明・解説が具体的なのは個人的に高評価。ICレコーダの選び方は参考になった。

<ICレコーダの選び方>
① ダイレクト接続できるかどうか
② MP3形式で録音できるかどうか
③ USB接続で充電ができるかどうか


いい女練習帳 ~恋愛運を上げる43の方法~ (だいわ文庫)
中谷 彰宏
大和書房
売り上げランキング: 5928

 とあるブログで、「女性向けだけど、男性にぜひ読んで欲しい」といった要旨のことが書かれていたので即買い。本質に迫ってて面白い。


1万人の貯蓄長者から学ぶ 6000万円貯める技術
坂井 武
マガジンハウス
売り上げランキング: 6783
おすすめ度の平均: 4.5
5 おもしろかった
5 初心者でも最後まで読みきれるマネー本です
2 初心者向け
5 たくさんの「気づき」があった良書です!
5 お金が貯まる体質になれる

 一気に読めるサクサク感が良い。おカネは大事だけんねぇ。これを読んで、ちょっと自分流の仕組みをいじった。


やればできる―まわりの人と夢をかなえあう4つの力
勝間 和代
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 666
おすすめ度の平均: 3.5
1 本のタイトルとして「やれば、できる」ではなく「一緒に頑張ろうよ!」の方が良かった
3 彼女らしくないなぁ
5 評価の仕方
2 香山リカ氏の挑発に乗っただけの本
5 さすが勝間さん

 なんか軽かった。ぐさっと刺さらなかった。読了後、表面的、って言葉が思い浮かぶ。


秋山晶の仕事と周辺 (Artist,Designer and Director SCAN)
秋山 晶
六耀社
売り上げランキング: 142717
おすすめ度の平均: 5.0
5 巨匠の足跡

 「男は黙ってサッポロビール」――名作を残すコピーライターの仕事に憧れる。作品たちと完成に至るまでの思考回路が垣間見えて面白い。


 今後、本はより強烈に幅を持たせて読もうと思う。幅がないね。振り返って改めて感じた。もっと強烈にむさぼるから!

【パンブック】 思考が人生を決定する 『野村ノート』

 以下は、ヒンズー教の教えである。思考が人生を変える。自己愛を捨て、素直に謙虚に周りの人に感謝し、世のためと思って働くことだ。野村ノート にも記載されていた。野村さんが書いた記事を読むとよく出てくる。

心が変われば態度が変わる。
態度が変われば行動が変わる。
行動が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる。
運命が変われば人生が変わる。


野村ノート (小学館文庫)
野村 克也
小学館
売り上げランキング: 923
おすすめ度の平均: 4.5
4 野球=人生の哲学を文章化した一冊
5 野村理論の集大成

  野球とは人生そのものである、と言ったのは長嶋さんであるが、野村さんは、野球の哲学、すなわち、人生の哲学を文字化することに成功している。たゆまぬ努力が生んだ、人生が滲み出る作品であると思うな。(Amazonのレビューにも書いた)

 思考が人生を決定するのだ。


野村の革命
野村の革命
posted with amazlet at 09.12.19
野村 克也
ベストセラーズ
売り上げランキング: 23291

 こっちも野村ノートと一貫性があって、オススメ。

Twitter本を買ったよ

 今年1月に参加以来、家でも電車の中でも飲み会の途中でも、暇さえあれば見ているサイトがある。それが、Twitterだ。

 Twitter暦は270日になる。Twitterを始めてから、明らかに人生が変わった。大げさに聞こえるだろうが、大げさに言っているので気にしないように。まぁでも、流れ行くTL(タイムライン)の中で、きらりと光る言葉だったり、情報だったりというのは、かなり有益だと思う。

 つぶやきの塊は、実に面白い。悩んでいることをぶちまける人、シュールな笑いを常に提供してくれる頭の良い人、日常生活を赤裸々に書く人。近い将来、履歴書なんてものはなくなり、個人のブログやTwitterのような個人の日々のアウトプットツールに取って代わると言われている。確かに、少なくとも履歴書に比べれば、ブログ的アウトプットツールの方が個人の実態が把握できると思う。また、仕事とはアウトプットすることだから、日々アウトプットできる人は、仕事がよくできる傾向にあるのではないかと推測。

 話が脱線した。言いたいことは、Twitterって面白いよ、ということが言いたいのだ。ただ、その面白さを的確に表現できないので、Twitter本を予約した。その本が、昨日届いていたので、今日・明日くらいで読んでみようと思っている。

ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書)
コグレ マサト いしたに まさき
毎日コミュニケーションズ
売り上げランキング: 54

Twitter
http://twitter.com/ 

【パンブック】 意識の高さが生み出す事前準備力 『月刊ジャイアンツ2009年6月号』

 昨日の夜、ベッドで月刊ジャイアンツ2009年6月号を一気に読破した。プロの世界に入り、活躍している選手は、みなよ~く自分で自分のことを考えているな、という印象を受けた。

月刊 GIANTS (ジャイアンツ) 2009年 06月号 [雑誌]

 野球が好きだ。プレーするのも観るのも楽しい。さらに、野球には人生に相通ずるものがあると思っている。長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督の言葉に、「野球というスポーツは人生そのものだ」というものがある。激しく同意だ。野球は、人生そのものだ。
 調子を落としたり、うまくいかなかったり、その中で、猛練習を積んで結果を出したり、スランプから抜け出す方法を編み出したり…ピンチの時の対処法、チャンスの時の心構え…とにかく人生に当てはまるものばかりなのだ。
 
 さて、2009年6月号の中身。WBC日本代表で世界一を経験し、Gのキャプテンでもある阿部が巻頭特集。
 阿部は、イチロー、城島、岩村などのメジャー組の意識の高さに驚いたそうだ。「メジャー組は、ストレッチして、体を動かして、ティー打撃もやってからグラウンドに出る。さらに、自分で考えて今の自分には何が足りなくて、どうすればいいのかが分かっている。メジャー組だけでなく、他のジャパンの戦士たちもめちゃくちゃ練習をするし、無駄な練習なんてしていなかった」そうだ。
 皆に共通しているのが、阿部曰く「自分で考えている」ということ。意識の高さが生み出す事前準備力。ここをこうしたら自分はもっとよくなる、というポイントを考え抜いて実行する力。オレもこの2つを兼ね備えるともっと強くなる。

090611_巨人阿部

 5月号から、月刊ジャイアンツがリニューアルした。写真が大きくなり、薄くなったような気がする。薄くなるのは良い傾向だ。雑誌がもっと薄くなればいいのにな、と思う。雑誌の厚さの原因は、広告によるものだそうだ。広告が多すぎる雑誌は、その場限りの運営に陥りやすく、部数の伸び悩みが発生する。そうして徐々に淘汰されていく…はず。値段は据え置きで、かつ、薄くしてくれ、雑誌業界のみなさま。
Blog Widget by LinkWithin

【パンブック】 自分へのごほうび+ビジュアル化=実行力強化 『すごい実行力』

 朝から電話応対を20件。先輩の名前も覚えてきた。ただ名前の聞き間違いが多いので、明日は復唱することを心がける。だれからだれにかかってきたのかについてまとめる。エクセルで表を作った。印刷した表に、電話メモを元に情報を転記する。電話応対のパターンを見つけ、誰がキーパーソンか見極める。

 打ち合わせに2つ参加。用語が意味不明。自分で用語集とか作って、用語や業務を理解する必要あり。ビビらず先輩に聞く。設計書、開発書の読み込みをする。

 今日、読み終わった本。
 
すごい「実行力」 (知的生きかた文庫)
石田 淳
三笠書房
売り上げランキング: 13741
おすすめ度の平均: 4.5
5 仕掛け作り
5 三日坊主にならないための最高の良書です
4 意識づけが大事ってこと
4 続ける技術よりお勧め
4 継続し習慣化するまでの方法を提示している、コストパフォーマンスの良い本


 今後忘れたくない気づきを二つ挙げる。

  •  行動するには、「環境」を整える。行動できないのは、「意識」のせいではない。
  •  どうすれば、「実行力」を維持できるか。効果的な策が二つある。一つは、自分へのごほうびを用意すること。成果をビジュアル化すること。



 以上を参考に、電話応対をするたびに「正」の字を書いている。増えれば増えるほど頑張ったと思えて幸せ、晩飯にお金に糸目をつけずに好きなものを食べる(自分へのごほうび)。何件取ったか一目瞭然(成果をビジュアル化)。実行力を維持することで、行動を強化することができる。

 ちなみに晩飯は、すき家のまぐろたたき丼 ごはん大盛 とん汁サラダセット フレンチドレッシング冷奴付 でした。うめぇんだよ、まぐろたたき丼。こっちに来てから20回近く食べている。行動が強化された結果であろう。

【パンブック】 本当に欲しい物を手に入れるために 『お部屋も心もすっきりする 持たない暮らし』

 DELLからPCが届いた。日曜日だった。それからすぐ開いて、今は快適PC生活を送ってます!
 と、言いたいところだが、結局まだチラ見しただけ。接続にはまだ至っていない。研修のレポを書いたり、連日の飲みにディズニーシーに行ったり、プライベートで悩んだりで、心身ともに疲労していたからだ。だいぶマシになった。少しずつ良い方向に向かっていると思う。
 部屋の物を減らすだけで心って落ち着く気がする。とにかく物を減らす。要らないものは捨てよう。

 持たない暮らしを実現するために。多くの気づきがあります。

お部屋も心もすっきりする 持たない暮らし
金子 由紀子
アスペクト
売り上げランキング: 4386


 本当に欲しい物を手に入れるために、持たない!

【パンブック】 自分基準で生きる 『脳を活かす生活術』

 「プロフェッショナル 仕事の流儀」の司会でおなじみ、脳科学者・茂木健一郎氏の「脳を活かす」シリーズ第三弾。第一弾「勉強法」、第二弾「仕事術」は読まず、第三弾の「生活術」から読んだ。

脳を活かす生活術
脳を活かす生活術
posted with amazlet at 09.05.05
茂木 健一郎
PHP研究所
売り上げランキング: 623

 話は、エッセイのように進む。が、話の軸はぶれない。軸とは何か?それは、「自分を貫く」ということ。

・ 人生には正解なんてない。
・ 自分なりの答えを見つける。
・ 「これは違う」「ここにあった!」…自分が惹かれるものを見つける(脳が喜ぶ)。
・ 自分基準で生き抜く。
・ 自分の時価総額を上げる。
・ 毎日の習慣とは、自分の未来に等しい。
・ なりたい自分を習慣化!


 人生は、自分の手で切り拓く。答えなんかない。自分の気持ちに素直になって良い。これが分かれば、日々の行動で自信を持って行動できるようになるな。
 オレは、One of them になるのが好きではないし、周りの人からの期待値を超え続けたい。良い意味で裏をかき、裏切り続けたいと考えている。自分ともっと向き合って、ダメなとこも分かった上で、自分らしく即行動すべし、だ。
 その他興味深かったのが、「笑い」について。「笑い」はもともと、「仲間に危険回避を知らせ、仲間を安心させる術として生まれたもの」らしい。「笑い」を日常生活における逆境をプラスの方向へ変換する術として追求すべきと説いている。
 ダメな自分を「笑い」にできるようになるまで客観的に見つつ、自分基準の行動ができれば、本当に怖いことなんてなくなるんじゃないかと、ワクワクさせてもらった。
 自分基準を持ちたい、笑いを重要だと感じているあなたにぜひ!

【パンブック】 WebテストのTALとテストセンターの攻略 『SPIノートの会の本』

 TALという就職試験(Webテスト)について述べたい。人総研製のWebテストで、「精神の安定性」と「仕事に必要な資質があるか」を測定するテストらしい。以下の本が詳しい。
 

 TALは、NTT系の会社でよく見かけた。その中でも特徴的なのが、「図形貼付形式」と呼ばれるものである。企業側が提示するテーマに沿って、図形を貼り付けるというもの。貼り付ける領域には、あらかじめ線が描かれており、18個の図形プールの中から図形を10個~15個配置する。図形は回転も可能である。

 TAL攻略のヒントは、「精神の安定性」を測っているということ。なので、あまりに「特異なもの」にはしないほうが良いようだ。また、「絵画性」も重要で、「絵画性」が高いほど、「精神の安定性」があると判断されるよう。

 ちょうど一年前くらい、就活全盛期の今ごろは、テストセンターを受けてたな。SPIノートの会の本を使って勉強したら、テストセンターで同じ問題が出たんよねぇ!有名な話かもしれないけど、テストセンター対策は、SPIノートの会の赤・青・白本をやっておけば自信を持って試験に臨める。本当に良本。就活生にオススメ。

テストセンター対応 これが本当のSPI2だ! (2010年度版)
SPIノートの会 津田 秀樹
洋泉社
売り上げランキング: 308
おすすめ度の平均: 5.0
5 本当に買って良かった
5 もはやSPIの定番☆
5 有名ですね
5 主にペーパーSPI2の対策
5 とても良い対策本です

↑テストセンター対策あり。テストセンターで全く同じ問題が出た!


直前でもOK! [パソコン版SPI2] これが本当のテストセンターだ! 2010年度版
SPIノートの会
洋泉社
売り上げランキング: 265
おすすめ度の平均: 5.0
5 本当に役にたちました
5 言語・非言語・性格とQ&A
5 通称「ノートの会の青本」
5 ”神”本!
5 他のテストセンター対策本を併用する必要性なし。

↑テストセンター対策専門書。テストセンターで全く同じ問題が出た!


【テストセンター・SPI2-G対応】 転職者用SPI2攻略問題集 【改訂版】
SPIノートの会
洋泉社
売り上げランキング: 778
おすすめ度の平均: 4.5
5 テストセンターでお役立ち
5 転職で役立った本
4 転職者用に限らず
5 助かった!
4 価値あり。

↑問題形式が同じで、テストセンター対策になる。赤・青だけじゃ物足りない人に。

 テストセンターが目前に迫っているという人でも、すぐに読めるので、絶対に買って損はしない。オレは3冊を3日程度で徹底的に(特に間違えたところを)3回解いた。2chのテストセンター板みたいなところもマークするとなお良い。

【パンブック】 おんなのストレートな言葉が詰まっている本 『「おとこのつうしんぼ」 平成の東京、20代の男と女、恋愛とセックス』

 なかなか刺激的なタイトルのLiLyさんの著書。LiLyさんの著書を読んだのは2回目。帰国子女、上智大学卒業。クラブで遊び、たばこをふかし、土屋アンナの友達で、恋愛に真摯な20代の女の子が書いた本。
 

 人は、恋愛経験を重ねるほどに恋愛に対して億劫になる傾向にある。それでも勇気を持って前を向いて行動した者には、最高のパートナーが見つかる。

 著者のLiLyさんは、自分が経験した恋愛や周りの友達たちの恋愛をもとに、自分の素直な言葉で心の中・考えを綴ってくれている。本の最後では、自分のパートナーについても触れている。勇気のいることだったと思う。男は、ここまで誠実に言ってくれている言葉を無駄にしてはならない。読んで、咀嚼して、行動に反映させる。そうすることで内面からかっこ良くなり、最高に楽しい人生を味わうことができるはずだ。

 コラム形式。一テーマ毎に書かれているため、読みやすい。真っ直ぐな言葉が気持ちよく胸に響いてくる本である。

p.s LiLyさんのブログを読んでいたら、この本を書いていた時に付き合っていた彼とは別れ、昌明さんという人と出会って一ヶ月半で結婚したっぽい!惹かれあったんだろうなぁ…!すげぇ…!

【関連サイト】

【パンブック】 誰にでもできること」で人生は変わる 『半ケツとゴミ拾い』

 友達5人とカレー鍋をし、飲んだ日(2009.01.21)に友達から薦められた本を紹介する。

半ケツとゴミ拾い
半ケツとゴミ拾い
posted with amazlet at 09.03.12
荒川 祐二
地湧社
売り上げランキング: 7203

 栄養費として月30万もらう。堕落した日々。20年生きてきた自分に対する評価は、「生きる価値なし」。水ギョウザのようにフニャフニャな彼が、てんつくマンの映画をきっかけに、「自分を変えたい!」と強く願い、毎朝6時から新宿駅東口のごみ拾いを始め、人生が大きく変わるという物語。

・ 動けば変わる
・ 実際に行動すること
・ 「できない」という前にやってみろ!
・ 何でも良いからやってみる、やってみろ!
・ 外に頼っているうちは、何も変わらない
・ 日々起きる出来事に感謝し、その一つ一つに自分のベストを尽くす
・ 「誰にでもできること」で人生は変わる!


 自分と同じ世代で、素直に生きる荒川さんに刺激を受けた!人と話したり、本を読んだりすること+積極的に!激しく!どんどん!動いてこう! と強く思った。

 友達が熱くこの本について語っていたので、ケータイを使ってその場で注文した。横書きで文字が大きい。行間も多い。そのため内容量は少ないが、その分、行動する勇気とエネルギーがギュッと詰まっている本だ。1時間くらいで読み終わるはず。特製ゴミ袋もついている。

【パンブック】 人は孤独な時にこそ力を伸ばすことができる 『孤独のチカラ』

大学2年の3月に読んだ本。
めちゃめちゃ好きな人と別れて、孤独感を深めていたときにこの本に出会った。

孤独のチカラ
孤独のチカラ
posted with amazlet at 09.08.04
齋藤 孝
PARCO出版
売り上げランキング: 21048

一人っ子なので、孤独には慣れていたつもりだった。
「なんとかあいつを見返したい」―そう思って、何かやらなきゃと焦りばかりが先走っていた。
「焦る→できない→自信をなくす→孤独感を味わう」という悪循環だった。
そんな時に出会った本だった。

・ 「つるむ」というやり方では到達できない境地がある。(=単独者
・ 中途半端な自分を受け入れるのは苦しいものだ。そんなときのとっておきの呪文は、 「結果を出せ
・ 有り余っているかに思えるエネルギーも、実は年々衰えていく。特に、30代以降を生き切るためには、若いうちにエネルギーを技に変えておくのがコツである。
一人の時間とは基本的に自分を鍛える時間、何かを技に変えていくために費やす時間だと捉えておくべき。
人は孤独な時にこそ力を伸ばすことができる。
・ 実力を飛躍的に伸ばすには、潜る期間を三ヶ月なり半年なり、ある程度まとめて取ることだ。その間に何をするかというのを決めておき、一気にやってしまうといい。
   → 沈潜してみる。
・人としての強さは、単独者になれるかどうかに尽きる。
・ 孤独をくぐり抜け、自己をグググッと深めた人の自信は揺るぎないものとなる。受動的に孤独になった時期を越え、積極的に孤独を選んだ人、言ってみれば、安楽なポジションを振り捨ててもやりたいことがあるという人がもつ深さと輝きがそこにはある。


最初に読んだとき、まさに自分のことだと救われる思いがした。
20歳のオレのバイブルだった。
これからもバイブルであり続けるだろう。

孤独のチカラを読んでから、孤独を楽しみ、積極的に孤独にもなることもできるようになった。孤独のチカラにも気づけた。

他にも
恋愛のこと、自分のこと、本を読む事の重要性…etc
が書いてある。

孤独感を味わっているすべての若い人にオススメ!

【パンブック】悩みを解消するための本

今読んでいる本。

道は開ける 新装版
デール カーネギー
4422100521


この本は・・・
 ・悩みを解消するための本
 ・「悩みがどう克服されてきたか」というテーマに関する実証報告
です。

原書は、”How to Stop Worrying and Start Living“ by Dale Carnegie
三分の一くらい読んだ中から抜粋。

過去と未来を鉄の扉で閉ざせ。今日一日の区切りで生きよう。

昨日は夢に過ぎず、明日は予感でしかない。
だから目を開こう、今日に向かって!

悩みに対する戦略を知らないものは若死にする。



当たり前のことだけど、できないこと。
今日の自分にできることを今日やるということ。
悩みから開放し、未来の自分を形作る最良の手段!
人生は、今日という日の積み重ね。

道は開ける 新装版、一年以上前に買っていたが、ずっと読んでいませんでした。
社会人になる前に読みはじめてよかったな。
読み終わったら、詳しくまとめてみます。

よし、今日の自分にできることを今日やろう!

【パンブック】 普段の生活で経験できないことを経験 『読書力』

読書力 (岩波新書)
斎藤 孝
4004308011
大学1年生、夏休み時の俺のレビューを見つけたのでアップ。

 大学の生協で薦めてあった新書。新書、というものに今まで抵抗があったけれども、この本をちょっと読んでから、どうして今まで新書を読んでこなかったんだと後悔した。
 肝心の内容はというと、読書をして自己を形成し、コミュニケーション力をつけようというもの。自己を形成できるのはわかる気がするけど、コミュニケーション力はなんで?と思ったけど、この本読んで、ちょっとわかる気がした。
 読書は物事を考える力をつけるの力が身につき、教養が身につき、普段の生活で経験できないことを経験できる。俺も読書は基本的に好きで、この人の意見にはかなり賛成だ。一番納得したのは、本棚を一人一個持とう!ということ。俺も本棚を狭~い一人暮らしのアパートにちゃんと置いている。本棚を見るとなんだか、こう自分の世界が広がるみたいで嬉しいし、好きなアーティストのCDを集めるのと同様、すごく充実感がある。やっぱ読書はいいよぉ~。



読書力 (岩波新書)は今でも本棚にある。
読書は投資だ。
社会人になっても時間を作ってがんがん読むぞ!

Home > 【パンブック】本・読書 Archive

Calendar
« 2020 年 7月 »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Twitter
InBook.jp
 

携帯百景
携帯百景 - konpan
影響を受けた本


Return to page top